【運営方針】

本年度は副理事長を3名とし、理事長を補佐すると共に円滑な委員会・会議体運営と運動を行うための指導にあたります。会員拡大の議長・副議長を兼任し、会員拡大を全メンバーで行うための組織を構築し会員拡大に努めます。また、45周年準備会議議長の下45周年準備会議体を設置し、創立45周年に向けた準備と運営にあたります。

専務理事は円滑な運営の管理と理事長の補佐を行うと共に、スタッフ・理事会議の運営にあたります。

事務局長は財政面のほか事務局全般の円滑な運営と管理を行うと共に、総会の運営にあたります。また、会員拡大における副議長も兼任します。

直前理事長は委員長連絡会議を統括し、委員会間の連絡調整を行います。

万燈まつりの各種会議、わんぱく相撲に関する会議体においては、監事・直前理事長が出向し、未来に向けた取り組み方を構築し事業を実施します。

 

(会員拡大会議)

議長統括の下メンバーを適宜招集し、新入会員拡大を全体事業として行うための事業や仕組みづくりを実施し、15名拡大します。

(総務推進委員会)

一般社団法人として定款に基づく円滑な組織運営を実施し、事業の対外発信に関する取り纏めを行います。諸大会・諸会議における情報発信や参加促進等、渉外に関する事業を実施すると共に、出向者間の連絡・調整を行い、例会時に随時出向者報告を実施します。

(まちの活力創出委員会)

市民・行政・地域諸団体と連携し、まちの賑わいや活性化に向けた事業を構築します。

(次世代創出会議)

プロジェクトチームを結成し、若者がまちを魅力に感じ能動的にまちに携わることが出来る事業を実施します。

(アカデミー会員交流会議)

新入会員の資質向上に関する研修事業を実施し、組織拡充を図ります。また、会員相互の親睦を図る事業や、会員拡大会議と連携し新入会員拡大における交流事業を実施します。

(45周年準備会議)

創立40周年に策定された「長期ビジョン」の中間検証を行います。また、創立50周年につながる創立45周年記念事業の検討と準備を行います。

(委員長連絡会議)

委員長連絡会議を随時開催し、委員長・議長間の連絡・調整を実施します。また、委員長・議長のスキルアップにつながる取り組みを行います。